現在のページ: Top / ホープユニオンの歴史(平成13年度以前)

トップページ
image.jpg

ホープユニオンの歴史

昭和45年(共発労組創立期)〜昭和49年(創設期)

組合関係事項会社関係事
旧北
プラ
北電興業 奈井江支部結成大会
(S49.5.10)

第1回執行委員会(S49.5.14)
組合活動のスタート
北海道火力工事株式会社 創立(S49.11)

事務部・技術部設置
奈井江事業所
苫小牧事業所
伊達支所開設
旧共発法定外従業員会発足する(S45.6)苫小牧共同火力発電所設立する(S43)
共発1号機営業運転開始(S46)
共発2号機営業運転開始(S46)
北電1号機営業運転開始
※北電からの運転委託(S47)
共発3号機営業運転開始(S48)
合計出力1000MW

昭和50年〜(労働組合の一本化)

組合関係事項会社関係事
旧北
プラ
北海道火力工事 苫小牧従業員会設立
(S50)

北海道火力工事 伊達労働組合設立
(S53)

北海道火力工事 苫東厚真労働組合設立
(S55)

北海道火力工事 知内労働組合設立(S58)

「北海道火力工事労働組合」として一本化
結成大会(S60.4.13)
細川 国雄 初代委員長就任
 
 


砂川事業所開設(S52.11)




苫東厚真事業所開設(S55.10)

知内事業所開設(S58.4)

泊調査所開設(S58.7)


原子力部設置、泊事業所開設(調査所閉鎖)
(S61.4)

昭和60年〜(諸団体への加盟)

組合関係事項会社関係事
旧北
プラ
北海道電力関連産業労働組合総連合に加盟
(S60)

北海道火力工事 泊支部設立
(S62.4)

「北海道プラントサービス労働組合」
に名称変更(組合員数360名)
(S63.4)
「組織近代化特別委員会」の設置
(S63.8)

電力プラント労組協議会にオブザーバー参加(S62.10)

「電力プラント労組協議会」に正式加盟
(S63.10)









商号変更「北海道プラントサービス株式会社
(S63.4)
 
 
 
 
 
旧共発
法定外従業員組織発展的に解散
(S63.11)
苫小牧共同発電労働組合発足
(S63.11)
中山 恵三 初代委員長
(S63.11)
共発1号機廃止(S61)
共発2号機廃止(S62)
 
 
 
 
 

平成元年〜(労協締結と組織近代化)

組合関係事項会社関係事
旧北
プラ
細川 国雄 委員長退任
上山 利廣 委員長就任
(H2.7)

「労働協約」の締結
(H2.7.19)

「第18回電力プラント労組協議会」
北海道開催  洞爺湖
(H2.10.2〜10.5)

「北海道プラントサービス労働組合」
法人化
(H2.11.1)

第1回青婦部研修 開催
ニセコ望岳荘
(H2.12.1〜12.2)



「専従体制」スタート
大内 隆治 専従書記長就任
(H4.7)

北海道プラントサービス労働組合
本店支部設立
(H4.7)
「教育体系」の作成(H7)
労働組合としての未来の人材育成に着手

第1回 組合役員研修会 開催

真駒内ハイツ北海道青少年会館
(H7.2.25〜26)

日本労働教育研究所に加盟 (H7)
第10回定期大会
「統合10周年記念祝賀会・記念講演会」開催
KKR札幌「丹頂の間・鳳凰の間」
(H7.6.17・18)

大内 隆治 専従書記長退任
尾崎 直博 専従書記長就任
(H8.7)

機関紙「ハートtoハート」の創刊
(H8)

(二代目)
上山 利廣 委員長退任
竹内  敏  委員長就任
(H10)

「青年婦人部」 名称変更
「ヤングリーフクラブ(YLC)」の設立
(H10.8)

「第26回電力プラント労組協議会」
北海道開催 知床、阿寒
(H10.9.29〜10.2)
尾崎 直博 専従書記長退任
増田 均  専従書記長就任
(H12.7)



























組織改正(H10.10.1)
「事業所」を「支店」に変更
課制廃止、グループ制採用

新人事制度スタート(H11.4.1)

ISO9001認証登録
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
旧共発北海道電力関連産業労働組合総連合
に加盟(H1)
全国共同火力労働組合連絡会に加盟
(H1)

完全週休2日制実施
(年間所定労働時間1919時間10分)
(H1)

勤務制度見直し改訂
(H5)

運転定員協定改訂定員削減
(各直1名削減)
(H7)

組合設立10周年記念祝賀会開催
苫小牧プリンスホテル
(H9)

平成13年〜(組合統合から現在)

組合関係事項会社関係事
旧北
プラ
統合に関する「大綱合意書」に調印
(H13.10.31)

人事考課制度見直し検討委員会発足(H14)

電力プラント労組協議会
「第3回青年の集い」北海道開催
北湯沢ホロホロ山荘スキー場
(H14.2.20)

北海道プラントサービス労働組合
苫小牧共同発電労働組合が組織統一
(H14.4.1)


「北海道パワーエンジニアリング労働組合」設立
(組合員数 630名)
(H14.4.1)

統一大会 開催

苫小牧プリンスホテル
「瑞光・オーロラホール」
(H14.4.13)

賃金福祉対策委員会 発足
人材育成対策委員会 発足
(H14.7)

業務再編に伴い北電興業労組より
11名の組合員が加入
(H16.7)

増田 均  専従書記長退任
田頭 寿彦 専従書記長就任
(H16.7)

人事・賃金検討委員会の設立
(H17.1)

2005年度定期大会
「設立20周年記念祝賀会」開催
定山渓ホテルミリオーネ
「コンベンションホール」
(H17.7.9)

第33回電力プラント協議会
北海道開催
(白金温泉ホテル・定山渓ホテル鹿の湯)(H17.10.4)









2006年度定期大会
苫小牧プリンスホテル
「瑞光の間」
竹内 敏  委員長退任
増田 均  委員長就任
(H18.7.8)


組合規約の全面改正
(H19.6.20)


田頭 寿彦 専従書記長退任
川村 博志 専従書記長就任
(H20.7.12)

組織対策委員会 発足
(H20.7)

泊原子力センター支部 発足
新人材育成教育プランスタート
レインボープラン
本部労使懇談会を年2回実施スタート
本部執行委員12人制導入
(H21.7)


25周年記念企画委員会発足
NPO法人会計システム導入
組合規約の改正
(上記会計システム変更に伴い勘定科目の変更)
公認会計士監査導入検討
本部執行委員13人制導入
(H22.6)

賃金制度の検討開始
(会社にプレゼン実施)
(H22.10)











北海道プラントサービス鷏
苫小牧共同発電鷏 合併 商号変更
北海道パワーエンジニアリング鷏 設立
(H14.4.1)
























OSHMS導入
(労働安全衛生マネージメントシステム)
(H18.1)














泊発電所WD/Bサンプタンク裁判 勝訴
(H19.3.30)






36協定の変更
協定を超える場合は三者協議および労基への届け出を義務化ほくでんグループ企業年金加入
(H22.4)












パワーオフィスの導入(H22.4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Headers already sent at /usr/home/aa1153t1wo/html/lib/html.php line 496.